マインド

ワクチン接種した人は危険 ※更に追記あり

しばらく前からクリフハイはmRNAワクチンが人類にどのような影響を与えるのかについて、警鐘を鳴らしています。

一部の人の間で、mRNAワクチンがヒトのDNAを変えてしまうこと、そして不妊になる危険性が指摘されています。

最新の報告によると、ワクチンを接種していない女性の間で、流産するケースが相次いでいます。

 

 

その理由としては、ワクチンを接種した人たちと同じ職場で働いているなどで、身体的な接触があったことが原因である可能性が指摘されています。

 

クリフハイの指摘によると、キス、ハグ、握手などの接触により、すでに遺伝子が変異してしまった皮膚からワクチンを接種していない人の体内に入り込むことにより、mRNAの影響を受けるのではないかと推測しています。

彼は以前から、数年以内にワクチンを接種した人たちが死亡する可能性、そして身体的な障害を抱えるだけでなく、精神的な疾患をも抱える可能性、流産する可能性を指摘していました。

ここにきて、ワクチン接種をした人との接触するだけでも、同様の影響が起こりうることを考えると、今度は違う意味でのソーシャルディスタンスが必要になるかもしれないというのです。

彼は、人類に耐性があり、最悪の結果にならないことを願うと述べていました。

 

もし彼の予想が的中すれば、今年の夏以降に、多くの人たちの健康被害が表面化するだけでなく自分の体にされたことの意味を理解した人たちが、医師、政治家と王族たちに対する復讐行為が激化する可能性も指摘しています。

どうせ死ぬのならば、その前にやり返そうと考えるというのです。

すでにアメリカでは人口の半分ほどがワクチン接種を受けており、今後、大量に死亡したり、働けなくなったりすることにより、経済的にも壊滅的な影響が起こりうると予測しています。

家族がワクチンのせいで一緒に住めなくなったり、病院が満杯になったり、生活必需品を生産する人が全くいなくなったりと、細かく考えていくと人々の生活に壊滅的な影響が起こる可能性があるというのです。

クリフハイは、これは最悪の想定でありそうならないことを心から願うと述べていましたが、可能性としては排除できないようです。

今後のトレンドとして、注目しておく必要がありそうです。

 

※クリフ ハイはmRNAは人のホルモンに影響を与え、突起のあるたんぱく質がが皮膚から放出されると考えているようです。 ただしヒトの体はmRNAを体外に排出しようとする機能があるので、製薬会社は年に3-4回ワクチンを打つことを勧めているのだろうと述べています。

彼の意見では、唯一の希望はmRNAが短期間で体外から排出されることで、すでに打ってしまったとしても、体の健康に気を使い、次を打たなければ影響がなくなる可能性があると述べています。

ただすでに体調を崩してしまった人や、体が弱い人の間での大量死、特に医療関係者の間の死亡率に注目する必要がありそうです。

 

※追記です。

下の動画を見てください。

変異したたんぱく質が体外に排出され、それがワクチンを打っていない人の体内で異変を起こすと述べています。

それには、グレープフルーツ大の血栓、生理不順、10才の子供に突然生理が来たり、激しい頭痛などなど様々な症状が報告されています。

つまりワクチンを接種した人は、有害なものを周囲にまき散らすと認識すべきです。

 

あとmRNAはFDAによると、ワクチンではなく遺伝子治療と定義されています。

そして安全性が確認されている治療はほとんどありません。今起こっている大量摂取の動きは、人類の抹殺と言っても過言ではありません。

 

Nurse Warns - Stay Away From Vaxxed People!

 

※ 追記です。現時点で判明している情報によると、突起のあるタンパク質はワクチン接種後、2週間程度、放出するようだとのこと。

  そしてこの突起のあるタンパク質自体は、体内で自動的に増殖することはなく、コロナに感染することもないだろうということです。

  予防にはビタミんDを十分に摂取し、日光を十分に浴びること。そして静電HEPAフィルターの空気清浄機が有効だろうとのことです。

 

-マインド
-, , , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!