マネー

金と銀はどちらが貴重なのか?

ある方から教えていただいたのですが、1919年に銀貨の価格は金貨の価格を超えたそうです。

これがその新聞の記事です。

金と銀の価格比が1:1になる時は来るのでしょうか? あるいは銀の価格が金価格を超えるという可能性はあるのでしょうか?

今、金の価格は1oz$1740で、銀は$25です。

強気な見方をする人の中には、銀の価格が金を超える可能性を指摘する人もいます。

その理由としては、銀の埋蔵量は金の埋蔵量よりも少ないこと、そしてお金としてのニーズ以外にも、工業用で利用される時には再利用ができないため、常に在庫が少ないという理由があります。

特に、電気自動車、太陽光の普及による需要の上昇、そして戦争で使用されるミサイルでも大量に銀が使われます。

ちなみにこれは今の金と銀の価格差です。1:69くらいとなっています。

どう考えても、今の価格は安すぎと言わざるを得ないと思います。

 

海外の出来事ですが、銀の現物をめぐる争いは激しさを増しています。

パース鋳造所に現物の引き渡しを要求したクライアントに、中国製の銀地銀が送られてきたり、職員が銀市場の不正を公に認めるというショッキングな出来事も起こっています。

あと、大手のKITCOでは、同じく現物の引き渡しを要求したクライアントに一年間待つようにと依頼するなど、これまでは隠されていた不正が次々と明らかになっています。

銀の現物は、人々が思うより量が少なく貴重なコモディティだということがだんだんと知られるようになってきていますね。

 

個人投資家による現物の買い占めもかなり進んでいるようで、現物が完全に店頭から姿を消す日も近づいているのかもしれません。

私が聞いているだけで、パースミント、イギリスロイヤルミント、USミント、ロイヤルカナディアンミントが一般客への販売を停止しているようです。

ということで、私も追加でクルーガーランド銀貨を追加で注文しました。

あと先月に注文した分がまだ届いていないので、催促したところ、急いで送るという回答が来ました。

銀が入手できなくなった後は、金を買うしかなさそうですね。

 

 

-マネー
-, , , , ,

© 2021 アメリカ不動産でBe Rich!