「 アメリカ不動産 」 一覧

アメリカの不動産が掲載価格以上で売れている

最新のニュースによると、全米平均で24%の物件が販売掲載価格以上で売れているということです。 平均すると、掲載価格よりも7000ドル高い価格で、物件が成約しています。 その中にはサンノゼ、シアトル、ソ ...

不動産エージェントはただのセールスマン

海外不動産のマーケットを見ていると、認識違いというか、誤解と思えることがよくあります。   それはアメリカの不動産エージェントは「不動産のプロ」だという認識です。 そして日本人の投資家に'ア ...

日本法人名義でアメリカ不動産は買えるのか?

これはよく聞かれる質問です。 特に節税メリットを法人で受けたい人にとって、日本法人名義で買うことを検討する理由があるのもよく理解できます。 そして、買えると簡単にアドバイスをしている不動産会社やコンサ ...

アメリカ不動産投資では数値化しにくいところに注目すべき

最近、アメリカ在住の不動産投資家の方とお会いする機会がありました。 アメリカといっても、広いので都市ごとにかなり違いがあり、私も知らないことをいろいろと学ばせていただきました。 話の中で出たのが、日本 ...

修理代金の全額前払いはやめたほうがいいのはなぜか?

これは不動産の修理代金だけに関わらず、アメリカでの支払い全般に言えることですが、ある程度の金額の支払いが発生する場合、どのように支払いをするのかを考えたほうがよいと思います。 日本人的な感覚だと、物件 ...

提携希望の方との電話会談

最近、毎週のように提携希望の連絡が入ります。 日本の不動産業者の方からの連絡が多いのですが、時折アメリカの方からの連絡も入ります。 わたしもアメリカに投資していますが、大きな国ということに加え、都市ご ...

アメリカ不動産市場は下落するのか?

ある調査によると、今のアメリカ不動産市場はリーマンショック前の不動産市場に似てきたそうです。 もちろん強気市場では上がり続けるものの、いつ下落に転じるかということは誰にもわかりません。 しかしこのチャ ...

シカゴ不動産市場は近々、調整局面に入るかも

不動産市場というのはいつの時代もサイクルを繰り返しています。 株式とは違い、データを分析すればこれからどうなっていくのかを読みやすい市場だと言えます。 最近のデータによると、シカゴ不動産市場は調整時期 ...

アメリカの不動産開発でよくある障害 地方自治体との折衝

少し考えれば、不動産開発で普通の不動産投資以上の利益が出ることはすぐにわかりますが、参入する人が少ないことには理由があります。   まず一番大変なのが、役所からの許可を取ることです。通常これ ...

アメリカ不動産市場はまだまだ回復途中、、

アメリカの不動産、多くの都市で過去最高の高値を更新しているという報道がある一方で、都市ごとの回復を細かく見てみると、そこまでは回復が見られていないという調査結果が出ています。 アメリカの35の都市圏の ...

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2018 AllRights Reserved.