「 アメリカ不動産 」 一覧

海外不動産の節税スキームが使えなくなるらしい、、、

これまでは使えた節税スキームが使えなくなる見通しです。   海外住宅投資 節税認めず 政府・与党、富裕層への課税強化へ   アメリカ不動産では、築古物件の場合、4年から7年で減価償 ...

逃げ遅れないでくださいね、、、

最近、アメリカの不動産市場が崩壊するのではという報道が特に増え始めました。 いつ下落に転じるのか、どれくらい落ちるのかは誰にもわかりません。もうすでに下落に転じています。   あと最近の世界 ...

借金漬けの人

こちらはすっかりハロウィーンの季節という感じになりつつあります。 あちこちでハロウィーングッズが売られています。季節感があっていいですね。 気温もすっかり下がりだいぶ肌寒くなりつつあります。 夕方に暗 ...

ランドバンキングと再開発

アメリカでは治安が悪い場所でも、再開発になるとガラッと変わることがよくあります。 そういう場所で土地を安く買えるといい投資になると思います。 次にアメリカ不動産が落ちたときには、そういうエリアを見つけ ...

無能な不動産エージェント

少し前からアメリカの不動産を少しずつ売りに出しているのですが、知人に紹介された不動産エージェントに依頼しています。 知人の頼みということで、断りにくいのでとりあえず依頼しているのですが、かなり不満です ...

もしかしたらまだしばらく上がり続けるかもしれない

以前と比べて大分高くなったアメリカの不動産ですが、まだしばらく上がり続けるかもしれません。 少し前までは、そろそろピークに近いかと思っていたのですが、ここ最近の世界情勢のため、資金がアメリカに流入する ...

アメリカの固定資産税の恐怖

アメリカの不動産投資のリスクの一つに固定資産税があります。 固定資産税を支払うのは当たり前の話なのですが、これは不動産管理で問題が起こるとかなりのマイナスの影響となります。 これはどういうことかという ...

市役所との会合

今、私が進めている老人ホームの案件。 候補地があるのですが、土地の用途が商業用ではないため、市役所に用途の変更が可能かどうかの打診の会合がありました。 市役所としては、老人ホームが不足しているので、建 ...

物件に買い付けが入りました

少し前に売りに出していた物件に買い付けが入りました。 夏の時期に入りつつあるので、少しずつ売りに出す準備をしていたところ、早速買い付けが入りました。 やはり不動産の売却は夏の時期が一番いいです。 &n ...

海外不動産に何を求めるべきか?

日本人の不動産投資家にとって、不動産投資というとインカムゲインを求めるものという観念が広く定着しています。 そして、その上に節税メリットが取れれば、さらに良いと考える人がほとんどです。 ですから、日本 ...

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.