「 アメリカ不動産 」 一覧

利回り20%が20年続くと言われている投資

こんな話を書くと嘘っぽいですが、それくらい儲かると言われている投資があります。 もちろんこれは案件の内部に入り込めればの話ですが、客単価の高さと重要と供給のバランスを考えると、最高の条件で入り込めれば ...

アメリカ不動産と名義の瑕疵

先日、アメリカの裁判所から訴状が届いたと現地の不動産管理人から連絡が入りました。 アメリカで不動産投資をしていると、裁判所から呼び出しがかかることか時々あるのですが、訴状が届くことはあまりありません。 ...

減価償却を狙うことのデメリット

アメリカ不動産を販売している業者の大半は減価償却を売り物にしています。 日本国内での個人所得税を圧縮したいと考えて、不動産を買われる方が多いと思います。 確かに、一時的な節税メリットはあります。しかし ...

セルフアシステットリビングのプロジェクト

アメリカではセルフアシステットリビングと呼ばれるものがあります。 日本で言うところの老人ホームに近いものですが違いがあります。 完全に体が不自由になったり、認知症が進んでしまったお年寄りを相手にするの ...

エクジットとステージング

不動産を高値で売却するためにはいくつかやるべきことがあります。 そのまま賃貸物件として売りに出すのは、あまり得策ではないかもしれません。   これは私の友人の話です。 この方は不動産がまだ安 ...

不動産エージェントの検索とMLS

改めて基本的な話をします。 アメリカで不動産投資をしようと思うときにまずすべきことがいくつかあります。 数日前に書いた管理会社もその一つですが、現地でエージェントを見つけて、MLSの配信を受けられるよ ...

不動産管理でトラブらないために、、

アメリカ不動産投資の鬼門は不動産管理です。 可能性を感じてアメリカで不動産投資を始めたものの、なかなか想定通りにいかないという人が多いと思います。 その原因のほとんどは不動産管理に起因するものです。 ...

アメリカで土地を買うということ

先日、アメリカの土地売却に絡むお話をいただきました。かなり昔に買われた土地のようで、安く買っていらっしゃるので利益ができるのではないかという話です。   土地に関する考えは日本とアメリカでは ...

低予算でアメリカ不動産を始めるのはいいアイディアか?

日本国内の不動産に比べて、可能性があるのが海外の不動産ですが、文化と言語の違い、そして距離のことを考えると、リスクはそれなりにあります。 それを考慮し、リスクヘッジを考えつつアメリカの不動産投資をする ...

中に立ち入れない物件を買うべきか?

アメリカで差し押さえ物件を買おうとするときによくあるのが占有者がいるというケースです。 つまり中を見たくても、見られないことがよくあります。 不動産を買うのに中が見られないというのは、かなり致命的だと ...

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.