「 海外投資 」 一覧

テナントが退去してしまいました....

  年末にアメリカの物件のテナントが退去しました。ご覧のように家の前にごみを放置しての退去です。   アメリカで不動産投資をしていてつくづく思うのですが、テナントは本当に家を大事に ...

ウラジオストクは極東のサンフランシスコになるのか?

日本ではロシアとの関係では北方領土返還の話ばかりが取り上げられますが、それを尻目に極東地区ではウラジオストクと極東地区のハブにするための プーチン大統領の政策が進んでおり、日本もそれにかかわっています ...

なぜロシアの不動産投資は非常に有望なのか?

    日本ではいろいろな国の不動産が簡単に買えるようになりました。 しかしその中でもロシアは未開の大地と言えると思います。日本からは近いですが、余れよく知られていないのが実情です ...

国はあなたの老後の面倒を見てくれない

  かなり暗いタイトルになってしまいましたが、最近、まさにそれが進行しつつあります。 加入された方も多いかと思いますが、確定拠出年金です。   こちらに興味深い記事があります。 現 ...

2017年、投資先として注目の新興国は?

  私は数年前からロシアで投資をしているのですが、ますます世界中からの注目を集めるようになっています。   年末のブルームバーグの記事でも、2017年の注目の新興国としてロシアを上 ...

収入を複線化するために私がやっていること

  2017年も始まりましたね。皆さんの今年の抱負はなんですか?   私の今年の抱負ですが、今までと同じことをやり続け、収入の複線化をより強固にするというのが目標です。 「収入の複 ...

アメリカ不動産の予測をもう少し細かく見てみると

昨日は2017年のアメリカ不動産の予測の概要を取り上げました。 最後に投資効率の悪い都市の上位を発表しましたが、以下はリストの下位、つまり投資効率の良い都市になります。     イ ...

2017年のアメリカ不動産予測

  2017年のアメリカ不動産予測が各社から出ています。 主だったところだけ少しずつ取り上げていきたいと思います。   各社とも今後数年にわたり、以下の傾向が続くと考えています。 ...

あけましておめでとうございます。

ブログ読者の皆様にまずご挨拶申し上げます。   昨年は結局、合計40名以上の方とお会いさせていただき、非常に有意義な時間をすごさせていただきました。 中には地方から私に会うために何度もお越し ...

来年、出版する本の取材に行きました。

  来年のゴールデンウィークくらいに発売になる予定の本の取材に行きました。といっても私の本ではありません。 私の友人が本を出版したいというので、私が企画書を書いて、知り合いの出版社に持ち込ん ...

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2018 AllRights Reserved.