「 バブル 」 一覧

経済規模の小さな国の不動産市場

人口が比較的少なく経済規模の小さな国の不動産市場は極端な値動きをすることがあります。 ニュージーランドは小さな国で、経済規模も小さいのですが、移民が多く、外国人投資家が投資をしたために、深刻な住宅難と ...

2019年のアメリカ不動産市場の予測

2018年も年末に近づき、来年の不動産市場の予測が続々と出始めています。   Real Estate Outlook 2019: 'More sideways than up or down ...

連動する二つの国

少し前にオーストラリアの不動産がピークアウトし、今後は大幅下落の見込みであるという記事を書きました。 外国人の不動産購入に政府が規制をかけたこと、そして金融機関が不動産購入の融資の貸し出しを大幅に減少 ...

今は買わない方がいいと思う

海外不動産業者が相変わらず買い煽りをしているので、アメリカ不動産を買いたいという問いあわせがよく来ています。   国内の不動産事情が厳しいので、アメリカ不動産をにわかに扱い始める不動産屋もい ...

アメリカの不動産が掲載価格以上で売れている

最新のニュースによると、全米平均で24%の物件が販売掲載価格以上で売れているということです。 平均すると、掲載価格よりも7000ドル高い価格で、物件が成約しています。 その中にはサンノゼ、シアトル、ソ ...

バブル時の投資は普通以上に気を付けて

今は世界的にバブル経済になっています。 ビットコインはもちろん、世界各国で不動産が最高値を更新しています。その反面、リスク資産であるゴールドは安値圏にとどまっています。 世界的な金融緩和の影響がいろい ...

世界各国の金融緩和でバブルが進む国際不動産市場

UBSによると、世界各国の金融緩和のせいで、バブルの可能性が高まってきたとのことです。 世界の20の大都市圏のうち、75%はすでにバブルの可能性がある、あるいは実際の価値以上に高騰していると言われてい ...

外国人投資家の不動産購入を禁止する国

最近、高騰する不動産価格のせいで自国の人たちが不動産を買えなくなっているとして、外国人投資家たちに中古不動産の購入を禁じる国が出始めています。 特に中国人投資家のせいで、不動産価格が以上に高騰している ...

アメリカ不動産市場は下落するのか?

ある調査によると、今のアメリカ不動産市場はリーマンショック前の不動産市場に似てきたそうです。 もちろん強気市場では上がり続けるものの、いつ下落に転じるかということは誰にもわかりません。 しかしこのチャ ...

アメリカ不動産市場はまだまだ回復途中、、

アメリカの不動産、多くの都市で過去最高の高値を更新しているという報道がある一方で、都市ごとの回復を細かく見てみると、そこまでは回復が見られていないという調査結果が出ています。 アメリカの35の都市圏の ...

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.