「 ドューデリ 」 一覧

急がば回れ

少し前に知り合いを通じてある案件に誘われました。 某有名企業に関係する案件で、話を聞く限り、面白そうな案件でした。   私も参加したいと思ったのですが、「ただ一度話を聞いただけではよくわから ...

「チャンスは他にもはある」という考え方

先日、ある投資案件の打ち合わせで、入れ込んでいる人と会いました。 ある案件の参加者を募っている人でしたが、「絶対にうまくいくから」とか「他にはない案件だから」と言って、参加を促していました。 私にとっ ...

ドューデリが難しい案件

現在、ある案件に入る条件の交渉と同時にドューデリをしています。   非常に可能性のある、アジアの某国の政府がらみ利権に係る案件で、内閣府の人間が直接かかわっている話です。現在、同様の話がいく ...

人口は雇用についてくる

アメリカで不動産投資を考える場合、物件そのものと言うより、都市のマーケットをつかむことが非常に重要です。 その都市に雇用があれば、求人を埋めるために人々が引っ越してくるからです。これは当たり前なのです ...

ウクライナで不動産を買うために弁護士は必須

ウクライナで不動産を買うためには、かなり入念な下調べが必要です。 というのは、他の国とは異なり不動産登記のシステムが統一されておらず、登記情報があったとしても、不完全な場合がほとんどです。 ですから買 ...

些細な点が大切な理由

投資はいつの時代でも、またどんな案件でも目に見えないものをどれだけ理解できるか、予測できるかが成功と失敗の分かれ道になります。 例えば、利回りや投資のスキームといった目につきやすいものよりも、資金を預 ...

アメリカ不動産投資とFeesibility Study

今日は少しだけ業者がどうやって投資しているか、お話しします。   英語ではFeesibility Studyという言葉があります。 辞書によると「実現可能性{じつげん かのうせい}[実行可能 ...

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.