「 シカゴ不動産 」 一覧

シカゴダウンタウンのコンドミニアムに入札したが、玉砕

週末にシカゴダウンタウンのタワーマンションに入札しました。 180平米を超える広さで、89階、ミシガン湖が見えるロケーションのようでした。 ただオークションなので、中を見ないで入札することになります。 ...

完成したシカゴフリップ物件

年末も押し迫っている中、ある物件の修理が完成したと連絡がありました。 どちらかというと低価格帯の物件ですが、非常にきれいに仕上がっています。 しばらく前に紹介したこの物件です。 この物件です。 すぐに ...

シカゴ不動産市場は近々、調整局面に入るかも

不動産市場というのはいつの時代もサイクルを繰り返しています。 株式とは違い、データを分析すればこれからどうなっていくのかを読みやすい市場だと言えます。 最近のデータによると、シカゴ不動産市場は調整時期 ...

またまたフリップ

こちらも今、今取り組んでいるフリップです。 低価格帯のフリップは利益率は大したことかりませんが、フリップの時間が短いので、助かります。 工事業者が自作でキッチンカウンターを作っています。 中に普通なら ...

シカゴ不動産は世界の大都市の中で最安値です!

UBSは世界の大都市の不動産バブルチャートを出しました。上がそのチャートです。 これによるとシカゴは世界の大都市の中で最もundervalue(価値が低く見積もられた)都市とのことです。 アメリカの都 ...

2018年のシカゴ不動産市場予測 

早くも来年の不動産市場の予測が出てきました。 シカゴに関していえば、来年度は10%の上昇を見込んでいるそうです。 イリノイ州の財政などの不安定要素はあるものの、雇用の増加は順調で、先回のバブル時期を2 ...

外国人投資家と実需の動向 シカゴ

アメリカで不動産を投資する目的はいろいろとありますが、少なくとも中国人投資家にとって、シカゴは魅力的には映らないようです。ただ中国人投資家の動向は不動産価格にもかなり影響を与えると思います。国によって ...

上下を繰り返しながら、上がっていく不動産市場

シカゴの不動産市場のことがニュースになっていました。 販売数は月によってばらつきがあるようです。 しかし同じ記事に統計が出ていましたが、ご覧いただくと分かる通り、マーケットは上下を繰り返しながら一定方 ...

次のフリップ物件と自己資金300万円から始める利回り30%のシカゴ不動産セミナー!

またシカゴのフリップ物件をゲットしました。 今度の中が比較的きれいなので、修理にそこまで時間がかからず、3か月くらいでフリップが完了するのではないかと予想しています。 大抵は全補修が必要なのですが、た ...

今回のフリップ物件のスタイルはこんな感じ!

昨日お見せした今回のフリップ物件。 すでにデザイナーが構想をあげてきました。ただ適当に直すだけでなく、上質な補修をするためにはデザイナーの協力が欠かせません。 それは可能な限りの高値でしかも早く売却で ...

Copyright© 海外投資でBe Free! , 2018 AllRights Reserved.