「海外不動産」 一覧

急速に復興するアメリカの都市

デトロイトと言えば、リーマンショック後に荒廃した町として有名になりました。 デトロイト市も破綻するなどして、その当時は今後どうなるのか、と心配した人もたくさんいたと思います。 しかしそんな中、先見の明 ...

小さなオフィスビルへの投資はなかなかよさそう

  商業物件への投資といっても種類はさまざまです。 その中で今、私が注目しているのは医療関係にオフィスを貸し出すことです。 いろいろな業態がある中で、やはり安定してい目のは医療関係や法律関係 ...

投資物件をどの程度まで補修すべきか?

  不動産投資をしている方ならよくご存じだと思いますが、物件の補修にもいろいろあります。 「いろいろ」というのは、一番安い材料で必要最低限の修理をする人もいれば、上質な修理をする人もいます。 ...

米FOMC利上げはアメリカ不動産価格をさらに押し上げる

  アメリカのFOMCがついに利上げに踏み切りましたね。来年は三回も利上げするとみられています。 ソースは以下です。 ↓ ↓ ↓ 米FOMC利上げ決定、来年は0.25%利上げ3回か &nbs ...

海外不動産投資で行きつくところ.....私の結論

  インターネットで私のお気に入りの午堂登紀雄氏の記事を見つけました。 記事はこちらです。 ↓ ↓ ↓ マレーシア第2の都市・ジョホールバルが「廃墟化」するこれだけの理由=午堂登紀雄 &nb ...

アメリカでは歴史的建造物も買える

アメリカの商業物件視察の続きです。   不動産投資は数字だけでは測れないなと思うのが、アメリカでは歴史的建造物も売りに出ていることがあるからです。 今回、今回私が見た物件の中にはいくつか歴史 ...

アメリカの商業物件を視察

シカゴからデトロイトに来たのには目的がありました。 1つはアメリカ不動産のブローカーである竹本さんとお会いするためです。   日本人の方には違いがよくわかりにくいのですが、アメリカの不動産売 ...

実例 アメリカ不動産購入体験記 利回り20%

  今回、私の友人がアメリカ不動産を買いました。 購入価格は諸費用等、すべてコミコミで約40000ドル。現状での購入でしたので、これに修理費用がかかります。 トータルで60000ドルの出費で ...

アメリカ不動産のリスクとリターンの考え方

アメリカ不動産の世界では、ロケーションがすべてといってもいいと思います。 つまりよいエリアの不動産は価格がよく上昇し、家賃も上がり、空室率も低いままです。 その反面、エリアが悪くなってくると、価格の上 ...

Copyright© 海外投資でBe Free! , 2018 AllRights Reserved.