アメリカ不動産情報 マインド

物件の修理と不動産管理の関係

アメリカ不動産投資において、一番の難関は不動産管理です。

管理のトラブルを避けるためには、様々な方法がありますが、その一つは物件の修理をきちんと行うことです。

例えば、最初のコストを削減するために、修理代を安く収めようとするのは投資家としては当然の動きだと思います。

安ければ、利回りは上がるし、経費は抑えられるという判断です。

しかし、入居者の側からするとまったく逆の判断になります。

つまりこういうことです。 

 

   安い修理をする

      ↓

   家賃が安くなる

      ↓

  入居者の満足度が下がる

      ↓

  家賃の滞納が発生しがちになる

      ↓

  管理会社が請求しても、物件の状態がよくないことを理由になかなか払わない。

 

ということで、管理の問題は物件の修理との関係がかなりあるということになります。

最初からよい修理がしてあれば、その後の賃貸経営は楽に進むということになります。

もちろんこれは物件の価格、そしてエリアにも関係するところなので、いくら修理代を使うのかの判断に迷いがちなところでもあります。

しかし、一般的にいって、修理代はあまりケチらない方が、トータルでうまくいきやすいということは覚えておいてください。

コストを削減しつつも、入居者の満足度を保つためにどうするのかということは、投資家として悩むところですね。

-アメリカ不動産情報, マインド
-, , ,

© 2020 アメリカ不動産でBe Rich!