マインド マネー

「10年~20年後、約47%の人の仕事がなくなる」かも......?

投稿日:

オックスフォード大学の教授の予測によると、「10年~20年後、約47%の人の仕事がなくなる」可能性があるそうです。

この調査では、技術の進歩がめざましい勢いで進んでいる機械。その機械による自動化によって、どのぐらい人間の仕事が奪われてしまうのか、ということが分析されたのです。

その結果、今後10年~20年ほどで約47%の仕事が自動化されるリスクが高い。そんな結論が出たのです。

 

その理由の一つは供給過多があります。

例えば、コンビニ、美容室、整体師などは供給過多と言われています。

また士業の方の数も急増しています。弁護士でも食べていかれない人も多くいます。

 

  • 公認会計士は、2000年には、16656人でしたが、2014年には、33977人と2倍以上に増えています。
  • 行政書士は、2005年~2014年の間に37,607人から44,057人に増加しています。
  • 社会保険労務士は、10年で26,460人(2005年)から38,878人(2014年)と1.46倍になりました。
  • 税理士も、10年で69,243人(2005年)から74,501人(2014年)になりました。
  • 司法書士は、2006年から2015年の間に、18,509人から21,658人まで増えています。

また技術革新により、無くなる職業もあります。

 

例えば、翻訳業。自動翻訳の性能が上がることにより、ニーズは落ちてきています。

製造業もロボット化により、人員削減が進んでいます。

またアマゾンが台頭するにしたがって、書店の数は大きく減少しています。

 

今は非常に移り変わりが激しい時代です。今あなたがしている職業に将来性がない場合、早めに対策を講じておくことをお勧めいたします。

 

 

以下はなくなると考えられている仕事です。

90%以上の確率で消える仕事リスト…
銀行の融資担当者
電話オペレーター
レジ係
ネイリスト
弁護士助手(パラリーガル)
ホテルの受付
税務申告の代行者
簿記・会計の事務員
不動産ブローカー
動物のブリーダー
時計修理屋
図書館の補助員
塗装・壁紙張り
造園・用地管理の作業員

-マインド, マネー
-, , ,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.