アメリカ不動産情報

管理費をケチってはいけない

日本からアメリカに投資する場合、必ずと言っていいほど現地の管理会社を雇います。

大抵の場合、管理会社は回収する家賃から管理費を徴収し、残りを大家に支払います。

大家からすると、毎月の家賃から管理費が引かれると、何か損をした気分になるものです。

なかには管理費を値切る大家もいます。

私は今は管理会社に管理を依頼していますが、過去には自分で管理をしたこともありました。

英語ができれば、遠隔での管理もできないことはないのですが、あまりおススメはしません。

日本とは違い、レスや仕事が遅いことがよくあるので、自分でやった方がましだと思い、やったことがあります。

しかしうまくいきませんでした。

 

その理由の一つは修理代です。

通常管理会社は複数の管理物件を抱えているために、修理業者を複数、抱えていて修理を依頼する時にボリュームディスカウントを得ることができるのです。

しかし、自分で管理すると修理が必要な時に、いちいち業者を探さなくてはならず、依頼する仕事量が少ないために結局は高くついたり、仕事の質を事前に確認できないために、仕事が雑だったりするものなのです。

 

あと問題なのは、入居者の審査です。

素人では見落としがちな点も多く、変な入居者を入居させてしまうと、家賃をもらえないだけでなく、退去させるのに費用を支払わなければなりません。

結局のところ、管理は管理のプロを探し、お願いする方が安くつくのです。

あと結構頻繁に連絡が来るので、そのたびに対応をするために手間が取られます。

日本のように、いったん入居してしまえば、あとは家賃をもらうだけという感じにはならないのです。

 

大家からすると、管理費は高いと感じますが、やっている仕事の内容を考えると、そこまでは高いと言えないのだと思います。

ということで、私は管理費を値切る代わりに少し多めに払う代わりに、きちんと仕事をしてもらうようにお願いしています。

管理費をケチるということは、すなわち投資に失敗することに直結しますので、

-アメリカ不動産情報
-, ,

© 2020 アメリカ不動産でBe Rich!