アメリカ不動産情報 マインド

アメリカ不動産投資は不労所得ではありません。

日本で不動産投資をしている方はよく知っていることですが、不動産投資は不労所得ではありません。

不労所得だと言われますが、実際には上手に運営するため、管理に関わればかかわるほど、仕事が増えていきます。

空室を埋めるため、修理を手配したり、建物の外観をよくしたり、草取りをしたりする大家さんもたくさんいます。

もちろん帳簿をつけたりといった作業もありますし、結構仕事があるものです。

不労所得とは程遠いですね。投資がうまくいっている大家さんほど、自分で多くの仕事をしています。

 

アメリカに投資する場合、やる仕事は違いますが、やはり運営していくためには、大家の積極的な関与というのは必要になります。

もちろんほとんどの仕事は管理会社にお願いするのですが、毎月きちんとチェックする人とそうしない人とではかなりの差が出ます。

そして、きちんとやる人ほど投資はうまくいきます。

 

よくある誤解ですが、買ってあとは管理会社に依頼すれば、あとは放置しても構わないという考え。

特に遠隔地になりますし、言葉も違うので放置しがちになるかもしれません。

もちろん管理会社ですので、管理作業をしてくれますが、相手によってサービスの度合いは違うと思います。

「それだと管理会社を雇う意味がないのではないか」と思われるかもしれません。

管理状況をきちんと確認し、細かく連絡を取り、時々現地を見に行く大家ほど、投資がうまくいくものです。

現地管理人と大家の共同作業だと考えておく方が良いと思います。

 

初めての不動産投資がアメリカになるという人の場合、すべてを人任せにしておかないことが大切です。

物件を購入したら、管理会社はあるにしたとしても、大家はあなたなのです。

きちんと稼働し続けるかを確認するのもあなたの責任です。

特に経済危機の時はトラブルが頻発するので、きちんと稼働し始めるまでの最初のうちは注意が求められます。

 

何もしたくなければ、ランドバンキングのような完全に放置できるものを選ぶべきです。

完全放置、あるいは人任せにして、儲けたいと思っている人にアメリカ不動産投資はそもそも向かないと思います。

-アメリカ不動産情報, マインド
-, , ,

© 2020 アメリカ不動産でBe Rich!