マインド

対岸の火事ではない

現在、アメリカの複数の都市で暴動が起こっています。

トランプの中共+ディープステートとの戦いが新しいステージに突入したということでしょう。

この暴動を扇動している勢力の中には、中国共産党のスパイが多数いることがいろいろなところで報道されています。

黒い洋服を着て顔を隠しているものの、中国語で話をしながら暴動に参加している人たちがいることが指摘されています。

中国はいろんな国に工作員を送り込んでいます。アメリカが中国人のビザを取り消したのは正当な理由があります。

日本を含め、中国人の思想というのは非常にわかりにくいものです。

特定の人種を弾圧したり、生きたまま臓器を摘出することを国家ぐるみで行ったり、生物兵器を開発して、漏らしたりばらまいてみたりと、もう何でもありです。

まともな人間とは思えないことを平気で行う人たちとしか思えないと思います。

それには中国的な思想が深く関係していると言われています。同じ人間で基本的に同じような価値観を持っているという思い込みは非常に危険です。

つらの皮は厚ければ厚い方が良いとか、人は腹黒ければ腹黒い方が良いといったことを教え込まれている人種だということです。

 

華僑が密かに好む奇書「厚黒学」のゆるい実践法

新型コロナ禍に米軍関係者が中国の「厚黒学」思想を指摘

 

日本人にとっては対岸の火事だと思いますが、明日は我が身です。

アメリカの暴動は短期間で収まると思いますが、米中の対立が激化するにつれて、日本は米国に追随する立場をとるのは避けられませんし、そうすべきだと思うのですが、日本国内にも多数の中国人の工作員がすることを忘れてはいけません。

 

スパイ天国日本が危ない!中国工作員の実態とは?【前編】

スパイ天国日本が危ない!中国工作員の実態とは?【後編】

 

日本国内で暴動が起こることはないと思いますが、何らかのテロが起こる可能性は高いというか、日本がアメリカの軍事行動に同調した時点で、起こると思います。

それがバイオテロなのか、違う形のテロなのかはわかりません。

日本にはスパイ防止法がありませんし、政治家は親中派の間抜けばかりなので、役に立ちそうにありません。

 

自分の身を守るのは自分だけです。対岸の火事だと思いこまずに、アメリカで起こっていることは、日本でも起こりうると思った方がよさそうです。

-マインド
-, , , , ,

© 2020 アメリカ不動産でBe Rich!