マインド

金融緩和の後に来るのは革命と戦争なのか、、

今の騒動がどこに行きつくのか、経済の専門家たちはいろいろな推測を立てています。

メディアはすぐに戻るといった根拠のない楽観論を繰り広げていますが、違う意見の人も多いようです。

その中の1人にレイ ダリオという人がいます。

ご存知の方も多いかもしれませんが、世界最大のファンド、ブリッジウォーターの創業者です。

貧しい家庭に生まれながらも、世界の大富豪の79番にランクインしています。

レイ・ダリオ

この方は過去の歴史と政治の分析から、投資手法を生み出すというスタイルで、過去の世界強国についての分析をし、その成功と失敗の原因を細かく分析し、それを資産運用に役立てている方です。

少し前のインタビューを聞きましたが、ブリッジウォーターでは、社内で歴史と政治の分析を常に行っているチームがあるそうです。

そんな彼ですが、この先の予測を含めて、帝国が興亡に辿るサイクルを話していました。

この表は帝国の興亡のサイクルを示したものです。

彼の説明によると、大抵国家は設立時には平和と繁栄の時期が訪れるそうです。そしてその後、繁栄が続くにつれて、それが貧富の差につながる時期に突入するそうです。そして、その後に負債を原因とするバブル経済が崩壊し、そうなると時の政府は紙幣の大量発行をするそうです。

彼の説明によると、今のアメリカは紙幣の大量発行の時期であり、歴史が繰り返すのであれば、この後に革命、そして戦争の時期に突入すると考えているようです。そしてその後に政治的な再編が行われ、新しい国家が誕生するそうです。

この表は過去500年間に11の強力な国家がたどったサイクルであり、アメリカもそのサイクルを辿っているという訳です。

レイ ダリオによると、アメリカは世界強国のトップにいるが、ピークアウトしており、経済は好調を装っているが実態はそうではない、そしてそこに中国が追い付こうとしていると述べています。

そして中国は戦争に向かって突き進もうとしています。

 

'Peace behind me, war in front of me': China's new Army propaganda video is chilling and viral

 

今後は我々の人生では見たことがないような時代の局面に差し掛かりつつあるようです。

-マインド
-, ,

© 2020 アメリカ不動産でBe Rich!