アメリカ不動産情報

経済危機の時は賃貸経営が難しい

今はまさにそうなのですが、私の不動産でも家賃の滞納が頻発しています。

政府が一時的に強制退去を禁じていることもあり、払わなくてもいいと考える人が多いのは事実です。

裁判所が閉まっているところも多く、私も始めた強制退去の裁判がストップしていたりします。

理論上は、入居者は後からきちんと支払わなければならないのですが、事実上未払いの家賃を回収するのは至難の業です。

それはなぜかというと、回収にも費用がかかるので、結局大家は損得勘定であきらめてしまうわけです。

ロスは忘れて、次に早く進んだ方が得策という場合も多いのです。私も未払いの家賃をあとから回収できたことはありません。

ですから、ロスを最小限にするには、支払いが遅れたら、素早く手を打つことくらいしか方法はありません。

大家がすぐに強制退去をすると思えば、また払い始めたり、分割で払ってくる場合もあります。

 

今年の後半からは史上最大のバーゲンセールが始まりますが、こういうご時世ですから、買った不動産を賃貸に出しても、空室が続いたり、入っても家賃の滞納が発生する可能性は、普段よりも高いと思います。

アメリカの賃貸経営は日本よりもハイリスクで、日本のように家賃保証もありませんから、トラブルが発生するとすぐに大家に跳ね返ってきます。

ですから、投資家の側のスキルが求められる投資でもあります。

経済危機は10年に一度くらい起こりますので、スキルがなかったり、あきらめてしまう人は途中でリタイヤに追い込まれます。

今年はいいタイミングでの参入できる人が多いと思いますが、そこにとどまり続けられるかは、投資家次第という側面が大きいと思います。

これはどんな不動産を買うのか、そして誰が管理をするのか、そして投資家の側のリテラシーによっても結果が左右されます。

-アメリカ不動産情報
-, , ,

© 2020 アメリカ不動産でBe Rich!