アメリカ不動産情報 海外不動産

住宅市場の崩壊が始まった、、、

コロナウイルスの影響を受けて、住宅ローンが不良債権化する可能性が高くなっています。

アメリカでは家賃の件もそうですが、4月の支払いができない人が大量に発生する見通しのようで、これが原因で経済危機が発生するとの見方が広がっています。

正確に言うと、すでに始まっていて、今後数カ月以内に大きく表面化する見通しです。

 

住宅ローンの場合、仕事が首になる → ローンが払えない → デフォルト。

大家の場合、テナントが家賃を払えない → ローンの支払いが滞る → デフォルト。

 

Bank of America fields 150,000 payment deferral requests, but some customers call mortgage relief ‘misleading’

 

商業不動産モーゲージもかなりのだけ気となりそうですが、住宅ローンのデフォルトもかなり数になりそうで、リーマンショックを大幅に超えるのは間違いなさそうです。

 

米CMBS市場は破綻瀬戸際、大恐慌が小さく見える恐れ-バラック氏

インベスコ・モーゲージ、追い証請求応じられず-支払い猶予で交渉中

米モーゲージ証券市場混乱 良質な住宅ローンも不良化の恐れ

 

政府からの救済が必要とする意見も出ていますが、すでに経営危機に陥っている大企業のベイルアウトに関しても、どの会社を救い、どの会社を倒産させるのかという議論が始まろうとしていますが、個人の住宅ローンや商業不動産モーゲージの救済がなされる可能性は低そうです。

少しの間の支払猶予は与えられる可能性はありそうですが、結局はデフォルトとすることは不可避のようです。大きすぎるのと、救う相手が多すぎるのでしょう。

ドミノ倒し的に連鎖倒産が起こりつつあります。

 

今のところはアメリカで大きく騒がれていますが、次にイギリス、オーストラリアで問題が表面化することになりそうです。

昨日も書きましたが、投資家も軒並みやられることになりそうです。

これを乗り切った人だけが、そのあとに来る買い場に参入できるのでしょう。

-アメリカ不動産情報, 海外不動産
-, , ,

© 2020 アメリカ不動産でBe Rich!