アメリカ不動産情報

最高の価格で売ろうとしてはいけない

投稿日:

他にも売りに出している物件があります。

準備が整い次第、少しずつ売りに出しています。

そもそもの価格設定もそのエリアの最高額を狙うのではなく、ほどほどの価格設定をし、買い付けが入る時は、少しは応じるようにしています。

売る側としては、もっと高い価格で買えるのではないかと考えがちですが、買い手は少しでも良い条件で買いたいと思うもの。

大抵最初の買い付け額は少し低めで入ってくることが多いもの。

そこで売り手としては、カウンターオファー、つまり提示額では売れないが、〇×ドルくらいならば手を打ちます、という意思を伝えるわけです。

すると買い手は真剣であるか、条件が買う場合、再度条件を提示してきます。

その場合、Highest and best offer、つまり出せる最高額だと伝えてくるものです。

今回の買い付けは売り出し価格よりも少し低い額でしたが、利益も出ているのでその条件を生むコトにしました。

 

売りに出している物件が唯一無二の物件でない限り、ほどほどのところで手を打つべきです。

(例えば歴史的建造物とか、都市開発上、大事な場所にあるとか)

 

私の知り合いで、物件を売りに出しているのですが、かなり強気の値段設定でした。

買い付けは入るのですが、なかなか売れないでいたところ、マーケットが過熱してきて、何を思ったのか売却価格を改定して、数万ドルも上乗せしたのです。

私が知っている限り、エージェントにオープンハウスとかをやらせていますが、いまだに売れていません。

もう二年くらいも粘っていると思います。

(オープンハウスに掘り出し物はない。いい物件はそんなことをしなくても売れるから)

売りに出してもあまりに長期間、売れないとそのまま売れない可能性が高くなります。

 

利益が出ているのであれば、そこそこで満足し、次のディールに移った方が無駄がなくてよいと思います。

-アメリカ不動産情報
-, , ,

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2020 AllRights Reserved.