マインド マネー

経済危機の前には現金を用意しなさい

これは特に不動産投資家に当てはまることですが、経済危機が起こるとかなりの打撃を受けます。

市場には売り物件数が増え、価格を下げても売ってしまいたいと考える人が増えると、価格は押し下げられます。

特に海外ではそういう傾向が強いでしょう。融資の借り入れ額が多い国では、借入額以下に不動産価格が下落することを恐れて、急いでしかも価格を下げてても売り急ぐ人が増えると、余計に売りにくくなります。

ですから買った時よりも大幅に利益が出ているのであれば、欲張って「もっと上がるかも」などと考えるのではなく、ある程度は売ってしまい、現金を用意しておくことをおススメいたします。

 

経済危機が起こると、金融機関は不動産購入のための融資を出しません。市場には安い不動産がたくさんあるのに、手元に現金がないから買えず、指をくわえてみているしかないという状況が起こりえます。

経済危機を後から振り返ってみて、「あの時にもっと買っておけばよかった」と思う投資家は多いものです。

特に今は経済危機がいつ起こってもおかしくない状況です。

どこでどのように経済危機が発生して、世界の各国がどのような影響を受けるのかという予測はいろいろと出でいますが、実際のところは起こってみないと分かりません。

唯一確実なのは、起こった時に現金を手元に用意できている人は強いということです。

 

逃げる時は遅れるよりは、少し早すぎるくらいの方がいいということを覚えておきましょう。

逃げ遅れると、売ろうとしながらずって売れないで苦しむか、また次の経済危機が来るまで待ち続けることになるかもしれませんから。

 

-マインド, マネー
-,

© 2020 アメリカ不動産でBe Rich!