マインド

欲張りほど儲からない

投稿日:

投資の格言に「魚の頭としっぽはくれてやれ」というものがあります。

あとは「欲張る乞食はもらいが少ない」ということわざもあります。

つまりあまりにも欲を出しすぎると、逆効果になるという教えです。

逆にほどほどの利益で満足できる人は、投資で毎回確実に利益を重ねられ、起業においても参加者とうまくやっていける傾向が強い人です。

 

投資家、そして起業家というのは本来、多く稼ぎたいと願う人種なので、判断の間違いの中で、「ほどほどの利益」で満足することができないということがリスクとなり、かえってディールをダメにしてしまうことがよくあります。

投資家と起業家は本来、教育水準が高く、頭のいい人たちなのですが、私が見ていてもこの点でつまづく人がとても多いです。

儲かりそうなディールがあると、「ここをこうすれば、もう少し儲かる」とか「もう少し交渉できるかも」と続けているうちに、限界点を突破してしまうわけです。

 

どうしてこうなってしまうのかという最大原因は、「自分はもっともらって当然だ」という根拠のない思い込みがあるようです。

それに対し他人の評価は大抵は異なっていて、「そこまでの貢献度はないのに、どうしてそんなに要求するのか」という理解の差が、問題を引き起こすわけです。

 

私が関係しているある案件ですが、過去二年間振り返ってみたときに、数人を残して残り全員入れ替わってしまいました。

原因はすべてこれです。

 

「少しだけ参加できるだけでも十分です。」

「末席で構いません。」

「できることは何でもやりますよ。」

こういう態度の人は結局最後まで残り、人とのトラブルもなく、一番大きな利益を手にできるものなのです。

 

 

-マインド
-

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2020 AllRights Reserved.