マインド マネー

モノではなく「コト」として売りなさい。

投稿日:

最近、お知り合いになった方から新規事業立ち上げのために力を貸してほしいと言われ、取り組んでいるところです。

この方はある商品を日本で売りたいのですが、この方の言う通りならば、この商品には非常な可能性があります。

この商品はユニークな特性があり、日本国内だけでなく、海外でも非常なニーズがあることがすでに分かっています。

またほかに競合は見当たらず、また真似もしにくいことから、合法的に販売できる下地を作り、また真似されないように権利を法的に確保すれば、独壇場になる可能性があります。

ただ現状はまだ商品があるだけで、それ以外の物は何もない状態なのですべてを1から準備していかなければなりませんが、起業の醍醐味というのはそういうところにあります。

想像力を働かせ、どのようなカタチでこの世界に送り出していくのかを考えながら作業するのはとても楽しいものです。

とはいえ、越えなければならないハードルもいくつかありますので、それが越えられるようであれば、ブログの読者の方々にお手伝いいただくようお声がけするかもしれません。

 

何かを販売するビジネスでは、モノを売るよりも『コト』として販売する方が利益は上がり、事業としての優位性は高まります。

一例として、田舎にある古い家として売りに出すと、値段がつかないかついてもごくわずかという場合が多いと思います。しかしそれを「田舎暮らし、自然に囲まれた田舎での豊かな老後の生活」として売りに出すと、価格は全く違うものとなります。

別の例としては、英語力を向上させる良いノウハウがある場合、ただの本として売ると定価は1000円かもしれません。しかし「短期間で英語力を向上させる驚異的なメソッド」として提供すれば、販売価格は数十万円かそれ以上になるかもしれません。

このように中身は同じでも、モノそのものを売るのか、それとも「コト」として売りに出すのかで、収益性や独自性は全く異なるものとなります。

 

今回の案件も「コト」として売り出せれば、可能性は無限大と言えそうな案件です。今のところ参加者は私一人なので、ゆっくりと構想を練ろうと思います。

-マインド, マネー
-

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.