マインド マネー 海外不動産

収入を複線化するために私がやっていること

投稿日:

 

2017年も始まりましたね。皆さんの今年の抱負はなんですか?

 

私の今年の抱負ですが、今までと同じことをやり続け、収入の複線化をより強固にするというのが目標です。

「収入の複線化」というと、多くの場合、「副業をして、月に数万円の副収入を得る」とか「少しだけ投資してみる」といった意味でつかわれます。

しかし私の場合、少し違います。もう少し深く掘り下げて、いくつかの定義しています。

 

  1. 日本円以外の収入源を作る。
  2. 完全に手放しでできるようなシステムにする。
  3. それでいて安全性を確保する。

 

つまり安定した収入源となるものを一つでも多く増やすことを目標にしています。

しかし資産運用の究極の目標は自分の時間を取ることにあるわけですから、

お金にはなるけれど、時間もたくさん取られる仕事や案件にはあまり手を出さないようにしています。

 

不動産投資は気に入っています。とは言いつつも、時間が取られるのも事実です。他の仕事よりも使う時間は少ないですが。

そしてどちらかというよりも事業の経営に近いものがあります。

 

不動産投資家としてのレベルが上がるにつれて、ほぼ手放しにできるようなシステムを構築できないかと模索しています。

そのためには購入する物件の種類を変え、キャッシュポイントもそれにしたがって変えていくことが必要になります。

現在、不動産のプロでもあり、また会計士の資格を持つアメリカ人の友人と相談しながら、少しずつ進めているところです。

もちろん米ドルの所得になります。

 

 

他ににも現在、安定的な収入の柱になっているものがあります。香港ドルでの運用なのですが、これは全くの手放しで進んでいます。

最初はかなりの少額から始めたのですが、年に12%の複利で増えていて、このまま放置すれば加速的に増えていくと思われます。

この案件の良いところは投資的な要素が少なく、「純粋なビジネス」だというところです。

つまりファンドなどは異なり、運用がうまくいかずロスが出る可能性がほぼゼロということです。なかなかこういう案件は探しても見つからないです。

とはいっても、年間12%の運用だと、元本が大きければ、あっという間に大金が稼げますが、それほどでもない場合、それなしにしか増えません。

ですから資産運用のメインというよりも、余った金を入れておいて、安全に増やす銀行口座的な使い方をしています。

 

世の中にはあっという間にお金が増やせる案件があります。

中にはリスクがあったり、怪しいものもありますが、目利きができて、ポイントさえつかめれば、そして運が良ければ、あっという間にビリオネアになれる案件があります。

そうした案件が今複数あり、いまどういう形でやっていくか、友人たちと相談しているところです。

その中の一つはロマンを感じるような夢の案件もあり、こちらは儲からなくてもやりたいと思っています。

 

そういう案件で若干のリスクを取りつつも、一気に資産を増やせれば、あとは安定的に運用するだけで、残りの人生は困らないようになるわけですが、

そんなポートフォリオを構築するために奮闘する一年になりそうです。

-マインド, マネー, 海外不動産
-, , , , , , , , ,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.