アメリカ不動産情報

低予算でアメリカ不動産を始めるのはいいアイディアか?

投稿日:

日本国内の不動産に比べて、可能性があるのが海外の不動産ですが、文化と言語の違い、そして距離のことを考えると、リスクはそれなりにあります。

それを考慮し、リスクヘッジを考えつつアメリカの不動産投資をすると、面白くない利回りの不動産に落ち着いたりする場合が多いのも事実です。

それでも利益は出ます。いい不動産を安く買えれば、利回り+キャピタルが取れます。ただパッと見、日本人投資家にとっては面白く見えないのも事実です。

 

最近、低予算でアメリカ不動産投資をしたいという問い合わせが多いので、現時点での私の考えを書きたいと思います。

低予算の方が海外の不動産に参入しようとする場合です。この場合、リスクは高めになります。

 

大抵は以下のような流れになります。

 

 予算が限られている 

      ↓

 安い不動産を買って高利回りを狙う 

      ↓

 属性の悪い人がテナントになる不動産を購入する 

      ↓

 管理会社の質も悪い

      ↓

 トラブルが発生する

 

私の位置づけでは、不動産は大もうけする投資ではなく、安全に資産を保全し、なおかつ安定的に増やす場所という位置づけです。

海外にいて余計な心配をせずに不動産投資をしたいのであれば、あまりリスクを取ることはお勧めできず、となると利回りは低めだが、キャピタルゲインを狙えるような不動産を買うことになります。あるいは不動産開発もありますが、投資金額は多めになります。どらかというと、余裕がある人向けの投資になってしまいます。

 

今のマーケットで予算が500万円くらいで初めてアメリカで不動産を買いたいというような人、投資の経験もあまりない人の場合、最初は不動産ではなく、別の事業系投資とかで資産を増やした後に、そのお金を不動産に投入する方がより効率的だと思います。

事業投資にはリスクがつきものですが、低価格帯の海外不動産に投資することにもそれなりのリスクがあります。

いずれにしてもリスクがあるのであれば、どちらの方が効率が良いのかという判断になると思います。

 

現時点で予算がかなり限られている人であれば、マーケットが落ち込むまでは違う方法で原資を増やすことを考えたほうが良い気がいたします。

-アメリカ不動産情報
-, ,

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.