マインド マネー

『貯蓄ゼロ』の人は早く覚醒したほうがいい

投稿日:

「景気は緩やかに回復している」という情報操作は相も変わらず続いていますが、実態は悪化の一途をたどっているようです。

日本もアメリカ式の社会構造になりつつあり、強者のみが栄え、平等性は失われていきます。他人に頼らず、自分の人生の責任を自分で取れる人だけが金持ちになっていきます。

一方、政府や会社頼みの人たちのどんどんとじり貧に追い込まれていきます。

 

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が発表した「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」によると、30代・40代の貯蓄額 「貯蓄ゼロ」がは昨年比6ポイント上昇の23%になり、平均額は52万円減少していることがわかりました。

貯蓄から消費へ? 30代・40代の貯蓄額 「貯蓄ゼロ」は昨年比6ポイント上昇、平均額は52万円減少

現時点で、どのくらいの貯蓄ができているか聞いたところ、「0万円(貯蓄ができていない)」が23.1%となったほか、「1万円~50万円以下」(24.6%)にも回答が集まり、100万円以下までの合計は60.5%となり、貯蓄額が100万円以下という人が多数派であることが伺えました。

他方、「500万円超~1千万円以下」(8.0%)や「1千万円超」(9.8%)との回答もそれぞれ1割程度みられ、貯蓄額の調整平均(※3)は195万円に。これを昨年(2018年)の調査結果と比較すると、貯蓄ができていない人(「0万円」)の割合は、2018年17.1%→2019年23.1%と、6.0ポイントの増加となりました。

30、40代「貯蓄ゼロ」が23%の衝撃。

 

日本経済はアベノミクスのしわ寄せがかなり出始めていて、政府も会社もあなたの人生の責任を取りません。政治家や会社の経営者であれば、だれもが政府や会社に頼っていれば安全というのはタダの幻想であることを知っています。

貯蓄が100万円しかないのであれば、何かが起これば一発で人生アウトになります。

年金は自分で稼がなければならないと本当の意味で理解することから、人生の変化は起こると思います。人生を変革するためには、覚醒が必要です。

-マインド, マネー
-, , ,

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.