アメリカ不動産情報 マネー 海外不動産

シカゴ不動産 フリップ完了! 3か月で20%達成!

投稿日:

 

クリスマスを前に、フリップが一件完了しました。

現在、数件フリップを仕込んでいるのですが、3か月ほど前に仕込んでおいたこの物件の決済が完了しました。

フリップとは?

投資をしたのは?

そもそも私がフリップを始めたのはたまたまでした。

人の紹介で会った人がフリップをしていたのですが、私が「面白そうだね、僕もやりたいな」というと、入れてくれたのが始まりです。

始めたのは今年の2月ごろですが、利確はこれが3件目になります。かなりのはいスペースで進んでいます。

私のシカゴのパートナーは大量に物件を仕入れています。銀行から数十件単位で仕入れるため、一軒当たりの価格は非常な格安です。

ただこういう物件は状態が非常に劣悪です。まあどうせすべて取り換えるならば、あまり関係ないのかもしれませんが。

 

それにしても冬の時期に決済が完了したのはラッキーでした。もう寒いということとホリデーシーズンなので、不動産の動きは今は鈍いです。

物件の売買が盛んになる春まで待つ覚悟をしていましたから。

 

本当に転売できるのか?

 

私が見ている限り、売りに出すとかなり早く買い手が決まっているという印象です。

すぐに売れるのは、物件の修理のクオリティが良いということ、そして価格が手ごろということが理由として挙げられます。

 

キッチン等はほとんどすべてヨーロッパ製の良いものを使い、部屋はグレーを基調にした、落ち着いた感じで仕上げています。

室内は内部すべてを新しくするため、新築のモデルルームのような仕上がりです。すぐに売れてしまうのも納得です。

あとは物件によっては、テレビや冷蔵庫、家具などを設置し、インターネットに載せる写真はプロに撮らせているそうです。

 

唯一の難点は?

 

たった3か月で12000ドル強の配当が入りました。これをこのまま次のフリップで運用するつもりです。

これを続けて年間で運用すれば、すごい額の配当が入ります。今回は3か月で終わりましたが、半年くらいは見込んでほしいと言われています。

半年で20%でも、年間で40%のリターンですから、かなりいいです。しかも投資金額が5万ドル程度とかなりお手頃です。

唯一の難は投資枠が限られているということ。投資家に高配当を払うよりも、銀行からの融資で運用したほうが利益率が高いので、

たまたま空きが出たときに入れるということになります。と言いつつも私も投資枠をある程度、確保してくれるように交渉しているところです。

-アメリカ不動産情報, マネー, 海外不動産
-, , , , , , , , ,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.