アメリカ不動産情報

ロバート シラー教授の意見

投稿日:

有名な経済学者として知られるロバート シラー教授はアメリカ不動産のブームも終わりに近づいているかもしれないと感じ始めているようです。

The Housing Boom Is Already Gigantic. How Long Can It Last?

教授によると、今の住宅ブームは統計を取り始めてから三回目とのことです。

シラー教授によると住宅ブームには4つの発生要因があるとのことです。

  • 低金利: 住宅ブームにはつきものの要因
    金利は上昇を始めているが、その効果にはタイムラグがある。
    実際、2012年から今年9月までの住宅価格上昇期に米金利は上昇していた。
  • 経済成長
    中古住宅価格は経済成長に反応しないことがわかっている。
    1950-2000年の50年、実質GDPが6倍になる中、中古住宅価格は実質20%しか上昇していない。
  • 2008-09年からの反動: オーバーシュートからノーマルへの回帰
    しかし、今年9月の指数は名目で2006年ピークより高く、実質でも近づいており、ノーマルへの回帰とは言えない。
  • 大統領の政策
    ブッシュ(Jr)大統領は持ち家対策を行い住宅価格上昇要因となったかもしれないが、トランプ大統領の減税は住宅保有者には不利だったかもしれない。

締めくくりに以下のコメントを残しています。

 

 

私たちは再び米市場最大規模の住宅ブームを迎えている。
・・・これはもちろん永遠に続くことはできない。・・・
データは、いつ価格がピークアウトするか、悲劇的な暴落を起こすのかを教えてはくれない。
わかっていることは、米国の歴史の中でめったにないスピードで価格が上昇してきたということだ。

 

いつ落ちるのかは分かりませんが、これ以上の上昇は望めないレベルにまで上がったということは事実のようです。

-アメリカ不動産情報
-, , , ,

Copyright© 海外投資と起業でBe Rich! , 2019 AllRights Reserved.