海外生活

日本語の話せる移民弁護士に依頼すべきか?

投稿日:

アメリカのビザ取得の件です。

 

日本人からすると、日本語の話せる移民弁護士に依頼するとこちらの話をよく理解してもらえるのと、本当にビザが取れるのかという漠然とした不安感からそちらに流れる傾向があるかと思います。

私も移民弁護士を決める前に、複数の弁護士から話を聞きましたが、それぞれメリットとデメリットがあると思います。あくまでも私の独断と偏見ですが、下に書きたいと思います。

結局、私はアメリカ人の移民弁護士に依頼することに決めて、本当によくやっていただきました。

 

 

日本語の話せる弁護士

 

メリット

コミュニケーションが楽。アメリカ人で日本語が話せる弁護士もいます。

 

デメリット

価格が高い。

価格に関しては、安くても15000ドル、高い人だと30000ドルを超える人もいました。

日本人がビザを申請しようとする場合、他に選択肢がないことを知っていて、高い値段を提示する人が多いです。

 

日本企業相手に仕事をしている場合が多いので、特定のビザカテゴリーについてしか知らない。

投資家のビザカテゴリーについては全く知らず、何のアドバイスもできない弁護士も数人いました。

恐らく駐在員のビザしか申請したことがないのでしょう。

 

英語のみの移民弁護士

メリット

価格が安めである。

私が話した人の中では、数千ドルしか請求しない人もいました。高めの人もいました。

 

結局、いろいろと調べた挙句、知り合いの弁護士に聞いてよい移民弁護士を紹介してもらいました。

この方は大手の移民弁護士事務所に勤務した後に独立し、

今年はアメリカのライジングスター(優秀な若手弁護士)ーの一人に選ばれました。

ちなみに払ったお金は申請費用を除いて、5000ドルでした。

 

選択肢が多い。

アメリカは弁護士の数が多く、能力にもかなり差があります。

変な弁護士を雇ってしまうと、費用が無駄になり、全く成果が出ません。

評判をよく調べて、価格以上の仕事をしてくれる人を選べると思います。

 

デメリット

これは何といっても英語でコミュニケーションをとらなければならないことに尽きるでしょう。

日本語の書類を翻訳したり、日本にはアメリカにはないシステムがあったりしますので、

その説明をしたりしなければならないので、ある程度の英語力が必要になります。

でも、これからアメリカに行こうという人であれば、いずれは英語の壁にぶち当たるので、頑張るのもよいかと思います。

 

弁護士選びは難しいですが、日本語ができるからという安易な理由で決めるのではなく、口コミや実績をよく調べて、本当にビザを取ってくれる人を選んだ方がよいと思います。

アメリカにはスーパーロイヤーやライジングスター(優秀な若手弁護士)に選ばれた人も多くいますので、その中から選んでもよいかもしれませんね。

-海外生活
-, , , ,

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2018 AllRights Reserved.