マインド マネー

私が日本で不動産投資をあまりしない理由 人口減少

投稿日:

これは日本の専業大家さんたちにとって知りたくない情報かもしれません。

しかし遅かれ早かれ現実に直面することになります。

予想では日本の不動産の空室率は急速に上がり、特に地方物件をローンで購入した人たちは管理にトラブり、融資の返済に困るようになるでしょう。

空室を埋めようとする融資の返済をすでに終えた、あるいは体力ある大家が家賃を下げることにより、少ないパイの奪い合いが起こると思われるからです。

 

こんなことを書くと怒られそうですが、あながち外れているとも思えません。不動産投資はほかのビジネスと同じで、需要と供給のバランスにより、価格が決まるからです。

ですから現在の高騰している不動産、特に地方の不動産をフルローンで買うなどというのは、ハイリスクな行為に思えてならないわけです。

短期で払い終えられるというならば話は別ですが、ほんの少しのキャッシュフローを得るために、大きなリスクを抱え込むことになるわけです。

 

例えば、フルローンで物件を購入した人がいるとして、空室率が30%上がり、仮に半分も空いてしまったとしたら、あと周りの賃貸物件の家賃相場が数万円も下がってしまったとしたら、

どこまで耐えられるでしょうか? まだ融資の大半は残っているし、利回りが極端に下がってしまった今となっては、物件を売るにもそれほどの値段はつかないとなれば、逃げるに逃げられないという状況になるのではないでしょうか?

 

投資のキホンはニーズのあるところで行うというものです。ただ言葉が違うとか、文化が違うという理由で海外の投資を検討しないのは、迫りくる災害を知りながら、見ようとしないのに似ていると言えるかもしれません。

不動産投資だけを考えれば、日本だけで不動産を持つ大家さんにとって、見通しはかなり暗いものと言えると思います。早くから海外投資に取り組んできたかどうかで、結果には相当差がつくと思われます。

 

これが私が日本での不動産投資をあまり行わない理由です。不動産業者にとっては不都合な真実といったところでしょうね。

-マインド, マネー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.