マインド マネー

人の金は使ってしまえ!

投稿日:

いつの時代でも、他人に預けた金は返ってこないし、勝手に使われてしまうものです。

個人の場合もそうですし、国家単位でも大差はありません。

 

衝撃的な記事がありました。

破綻前提で作られた日本の年金。厚労省回顧録「年金は使ってしまえ」の衝撃

一部、引用します。

 

厚労省の花澤年金課長が「厚生年金保険制度回顧録」に書いていた次の文章を読むとよくわかります。

……それで、いよいよこの法律ができるということになった時、すぐに考えたのは、この膨大な資金の運用ですね。これをどうするか。これをいちばん考えましたね。この資金があれば一流の銀行だってかなわない。今でもそうでしょう。何十兆円もあるから、一流の銀行だってかなわない。これを厚生年金保険基金とか財団とかいうものを作ってその理事長というのは、日銀の総裁ぐらいの力がある。そうすると、厚生省の連中がOBになった時の勤め口に困らない。

何千人だって大丈夫だと。金融業界を牛耳るくらいの力があるから、これは必ず厚生大臣が握るようにしなくてはいけない。この資金を握ること、それからその次に、年金を支給するには二十年もかかるのだから、その間何もしないで待っているという馬鹿馬鹿しいことを言っていたら間に合わない。

……大営団みたいなものを作って、政府の保険については全部委託を受ける。そして年金保険の掛金を直接持ってきて運営すれば、年金を払うのは先のことだから、今のうちどんどん使ってしまっても構わない。使ってしまったら先行困るのではないかという声もあったけれども、そんなことは問題ではない。貨幣価値が変わるから、昔三銭で買えたものが今五十円だというのと同じようなことで早いうちに使ってしまったほうが得する。

二十年先まで大事に持っていても資産価値が下がってしまう。だからどんどん運用して活用したほうがいい。何しろ集まる金が雪ダルマみたいにどんどん大きくなって、『将来みんなに支払う時に金が払えなくなったら賦課式にしてしまえばいいのだから、それまでの間にせっせと使ってしまえ。 

 

政府頼みの老後の人生設計というのはいかに危ういものかがよくわかります。

自分の人生設計は結局は自分でやらないといけないということですね。

-マインド, マネー
-, ,

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2018 AllRights Reserved.