マネー

ノンリコースローンとは?

投稿日:

日本ではあまりなじみがないのですが、ノンリコースと呼ばれるファイナンスがあります。

英語では「ノンリコースローン」(Non-Recourse Loan)

非遡及型融資ともよばれますが、要は、物件からあがるキャッシュフローだけを返済原資とするローンで、それ以外(会社の給料など)を返済原資とみなさない。要は借り手の属性に関係なく、不動産の担保価値だけで貸すローンなので保証人など不要だし、勤務先の会社名なども問われません。

逆に日本の銀行融資は、ほぼ全て「リコースローン」(Recourse Loan, 遡及型融資)ですので、担保不動産以外の借り手の財産・給料も返済原資とされてしまいます。

ノンリコースは、「返済原資が担保物件だけに限られ」ます。

つまり、借り手の立場からいうと、返済できなくなっても、最悪、その物件を手放せば、残債チャラになるローン。

金融機関が融資を実行する際に、最も重視するのは債務者の返済能力です。

資産が多くても安定収入のない人間が融資を受けにくいのは、収入がなくなれば返済が滞るリスクが高いとみなされるからです。

しかし、ノンリコースローンの場合、融資の判断基準は物件そのものが生み出す収益力です。金融機関は、その物件に対して融資を行うということなのです。

つまり、これができればほぼリスクフリーで投資ができるということになります。

先日の太陽光の話はこのローンを利用することになります。いい話だと思いません?

-マネー
-, , ,

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2018 AllRights Reserved.