マインド マネー

一体幾ら欲しいのか、幾ら必要なのかを考える

投稿日:

投資とか事業の優良案件で、インサイダーに運よくなれると、一体いくら稼いだら満足するのかという質問の答えを自分で考えなければなりません。

人によって、果てしなく稼ぎ続けたいという人もいますが、一定額を稼いだら、そこで打ち止めにし、あとは人生でやりたいことをやるという人が多いのではないかと思います。

これは考え方の違いなので、ひとそれぞれ好きなように決めればよいと思います。仕事が好きでやめられないという人もいるでしょうし、必要なだけ稼いだら、あとは好きなことだけをして人生を過ごしたいという人もいるでしょう。

しかし、私が思うのはお金というのは、ある一定の額を超えてしまうと、使い切れないため人生の幸福度にはそれほどの影響を持たないため、必要だと思う額をあらかじめ決めておいて、そこまで稼げれば、あとは減らさないように運用していく方向性がよいと思うのです。

例えば、10億円ある人と1000億円ある人がいたとして、1000億円ある人は10億円の資産の人より100倍幸せかというと、そんなことはないと思います。このくらいになると、幸せかどうかはお金よりも違う要素で左右されると思います。

これが100万円しかない人と1億円ある人を比べた場合、資産が同じ100倍でも、幸福度はお金と直結すると思います。

幾ら欲しいのかを考えておかないと、お金を稼ぐことだけが人生の目的になってしまいかねません。それがやりたいのだという人は別として、何のためにお金を稼ぐのか、そのためにいくら必要なのかを明確に考えておくと、人生の方向性がはっきりとすると思います。

-マインド, マネー
-,

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2018 AllRights Reserved.