マネー

簡単に設立出来て、節税にもなるアメリカ法人

投稿日:

アメリカで法人を設立するのは意外と簡単です。

最近はアメリカでの法人税が引き下げられたこともあって、タックスヘイブンで法人を立てて、節税しようとする企業も減ってきているようです。

アメリカと一言で言っても、いろいろな州があり、それぞれに税制と法律が異なるのですが、人気があるのはネバダ州とデラウェア州です。

ネバダ州は何といっても税金が安いのがメリット。しかし一番人気はデラウェア州で、アメリカの上場企業の大多数がデラウェア州で登記されています。

デラウェア州で設立するメリットは、法律が経営者向け、株主に有利になっていると言われています。訴訟大国のアメリカですから、大企業としては、税金が安く、安全な州で設立したいと思うのは当然のことでしょう。

あと株主や取締役の詳細が非開示となっており、その面でも安全性が図られています。

ちなみにデラウェア州の法人税は一律8.7%となっており、タックスヘイブンと比較しても、劣らない税率となっています。

 

これは余談ですが、日本の国税局はアメリカの法人に対しては、手を非常に出しにくいようです。

 

参考に以下のページをご覧ください。

なぜアマゾンは日本で税金を払わないのか

タックスヘイブンで下手に節税をしようと考えるよりも、アメリカに法人を設立し、そちらで納税していると主張したほうが、よいのかもしれません。

 

話はそれましたが、法人の設立は自分でも簡単に、しかも格安でできます。安いと200ドル以下でできます。

ただ現地のエージェントに毎年50ドル前後支払うのが普通のようです。

 

ちなみに今回、私が使ったのはこちらの会社。

アメリカ法人設立

一番安いセットだと170ドルでしたが、私はすべてコミコミの高い方を選びました。しかしそれでも650ドルだけ。

しかも申し込んで数日で、登記が終わり、1週間以内に書類が届くという速さ。

申込みは英語になりますが、価格とスピードを考えると、日本の業者に依頼するメリットはほぼないと思います。

 

私のケースは節税というよりは、アメリカの新規事業のリスクヘッジのために、法人を作りました。

これから海外で法人を設立したいと考えている方には、検討の価値はあると思います。

-マネー
-, , , , , , ,

Copyright© 海外投資でBe Free! , 2018 AllRights Reserved.