アメリカ不動産情報 マインド

アメリカ不動産投資に向かない人

投稿日:

アメリカ不動産投資に限ったことではありませんが、投資に向いていないと思われる人からの問い合わせがよくありますので、私の考えを一度、まとめておきたいと思います。

 

夢とか憧れで問い合わせをしてくる人。

 

夢を否定しているわけではありませんが、現実的に考えられる人が向いています。

海外の投資は夢とか憧れでも何でもなく、泥臭い作業の連続です。これは日本国内で仕事をするのとまったく変わりません。

結構、根性と勤勉さ、メンタルの強さが必要だったりします。ですから、現実的な見方ができて、頑張れる人にはお勧めしますが、そうでない人は無理してやらない方がよいと思います。私も責任をとれませんので。

少なくとも、英語ができなくても、頑張って読んでみようくらいのやる気は必要だと思います。でないと、すべては人任せになってしまい、何かトラブルが発生すると対処できなくなってしまいます。

 

楽して儲けたい人。

 

前の点と関係がありますが、アメリカ不動産投資は購入してからがスタートです。 私は不動産の購入、補修そして管理会社の引き渡しまでは助けますが、そのあとは可能な限り投資家と管理会社とのやり取りをしていただいております。それが賃貸経営です。

自分の物件にきちんとテナントが入っているか、家賃は適正か、きちんと払っているか、といったことはご自分で確認いただき、不審な点は自分で管理会社に聞いていただく必要があります。最近はグーグル翻訳も発達しているので、かなりの程度は自分で対応できると思います。

管理会社から来たメールをぽっと私に転送してきて、『あとはよろしくお願いします』みたいな人が良くいますが、そういう人は最初からやらない方が身のためだと思います。あとは送られてくるステートメントさえ、チェックしない人。これではうまくいくわけでありません。投資は自己責任です。

ただどうしてもというときのために、対応してくれる通訳のひとを念のために見つけておこうかと、考えています。

ただアドバイスが欲しいというときは相談に乗りますが、あくまでも自分でやってみてもうまくいかない時だけとさせてください。細かなことまで、いちいち対応することは物理的に不可ですので。

 

資金が限られている人。

 

問い合わせをしてくる人たちの中には、あまり貯金がない人が一定数います。

例えば、「貯金が300万円しかないのですが、アメリカで不動産投資を始められますか?」といった類の問い合わせです。こういう人は投資を始める前に、まずは仕事を頑張って、貯金するか、起業することをおススメします。貯金すべてをアメリカ不動産につぎ込むことは、お勧めできません。

-アメリカ不動産情報, マインド
-, , ,

Copyright© 海外投資でBe Free! , 2018 AllRights Reserved.