アメリカ不動産情報

修理代金の全額前払いはやめたほうがいいのはなぜか?

投稿日:

これは不動産の修理代金だけに関わらず、アメリカでの支払い全般に言えることですが、ある程度の金額の支払いが発生する場合、どのように支払いをするのかを考えたほうがよいと思います。

日本人的な感覚だと、物件の修理代を請求されると、全額前払いにするものだと考える人がほとんどです。

確かに日本国内だと、そのような支払い方をするのがスタンダードかもしれません。

しかし、これには日本人特有の固定観念が関係しています。

それは何かというと、「お金を支払えば、仕事は必ず完成してもらえる」というものです。

 

しかし海外に行くと、日本のあたりまえは当たり前ではなくなります。

アメリカの不動産に関していうと、全額前払いしてしまうと、問題が起こる可能性が高いです。

例えば、お金をいったんもらったら、仕事は後回しにされ、なかなか終わらせてくれない。

または、途中で足りなくなったから、追加の支払いを請求してくる、といったことが起こりえます。

最悪のパターンとしては、お金だけ取って、仕事をしてくれないということもあります。

 

もちろん、業者としては、全額前払いを望むのは当然ですが、発注する側としては、支払い方法を毎回、交渉すべきです。

半分ずつ支払うとか、最初に材料代を支払い、人工代は終わったタイミングで支払うとか、分割で支払うようにすると、リスクを減らすことができます。

特に新しい業者を使う場合は、特に支払い方法をよく検討すべきです。

相手が全額前払いを要求してきたら、立ち止まって、そのリスクについて考えてみてくださいね。

-アメリカ不動産情報
-,

Copyright© 海外投資でBe Rich! , 2018 AllRights Reserved.