海外不動産

不動産業者は海外不動産の取り扱いを検討すべき

投稿日:

今日、こんな記事を見かけました。

 

以下引用。

「人口減少、供給過多…それでも富裕層が不動産に投資する理由.......

まず、人口が減っていくというのは間違いありません。ただ、日本の人口が均一的に減っていくわけではない点は、重要なポイントです。例えば、東京も埼玉も秋田も福島も、均一に減っていくということであれば不動産投資に未来はないでしょう。しかし、例えば、さいたま市の人口予想を見ていくと、一説によれば、30年後も人口はほとんど減らないともいわれています。

――人口減少が進んでいく中でも、そういう地域があるんですね。

はい。つまり、これからの日本では、不動産を買っていい場所と、いけない場所というのが二極化してくるといえます。例えば、秋田とか山形などの人口が流出し続けている地域の場合、不動産投資という視点から見れば、住む人が少なくなり、アパート経営をするには難しい場所だと判断できます。

――逆に買っていい場所というのは?

とってもシンプルで、人口が減らない、もしくはあまり減らないという場所が「買っていい場所」となります。これまでも物件の場所選びというのは、不動産投資していく上では大事なポイントでしたが、これからの時代は、より重要性が高まっていくでしょう。ちなみに、国や行政が各種統計を出しているので、どの地域の人口が減っていて、どの地域なら減っていないのかは、自分で調べることができます。」

 

最近の不動産業者はこうした宣伝文句が多いように感じます。

 

確かに人口が減少していき、供給過多、空室率上昇の日本国内での不動産投資としては、真っ当な投資法の提案なのかもしれません。

ただ人口が増えるから、ニーズが高まるのは間違いないから、価格が上昇するから買いましょう、投資しましょうという営業とは全く質が異なります。

これからマーケットは悪化します、でも投資しましょうという営業しか残されてい不動産市場には悲哀に近いものを感じます。

 

日本国内だけとマーケットを限定してしまうと、このようなことになってしまいます。

ただ少し視野を広げて、海外を目を向けると、このような営業をしなくても済む不動産マーケットはいくらでも存在します。

ただいいタイミングで参入するだけで、利益がでるところもまだまだたくさんあります。

 

国内で培った不動産業者としてのノウハウを生かして、海外の不動産を取り扱えば、今までとは違い広がりが出てくると思うのは私だけではないはずです。

-海外不動産
-, , , ,

Copyright© 海外投資でBe Free! , 2018 AllRights Reserved.