海外不動産

ウクライナ不動産投資の落とし穴

投稿日:

旧ソビエト連邦諸国家の不動産マーケットは海外の投資家にとっては未開の地のようです。

非常な可能性がある反面、言語と文化が分からないと落とし穴にも気づかないものです。

 

以下はウクライナでよくある不動産取引の落とし穴です。

日本や他の先進国とは違い、法整備が整っておらず、取引がいい加減になされる場合が多いので、悪い人につかまるとそのままやられてしまうことになりかねません。

旧ソビエト連邦諸国家の不動産マーケットは海外の投資家にとっては未開の地のようです。

非常な可能性がある反面、言語と文化が分からないと落とし穴にも気づかないものです。

 

以下はウクライナでよくある不動産取引の落とし穴です。

日本や他の先進国とは違い、法整備が整っておらず、取引がいい加減になされる場合が多いので、悪い人につかまるとそのままやられてしまうことになりかねません。

 

例えば新築物件の取引で、デベが同じ物件を複数の人に販売していたというケースはよくあります。

お金を払い、登記の段階になると、実は他にも買い手が複数いたとか、すでに別人の名義で登記がされていたというケースです。

この場合、お金を取り戻すためには時間と費用がかかるので、あきらめてしまう人も多いようです。

不動産業者だから安心という訳にはいきません。

 

別のケースとしては、夫婦が所有する不動産を買う場合です。

例えば夫がその不動産を売ると言い、買い手からお金をもらった後、妻は売却に合意しないと主張しだすというパターンです。

このケースでは返金を求めるのは非常に難しいようです。

 

日本や他の先進国では考えられないようなリスクがあるので、海外不動産初心者向けでないことだけは間違いないと思います。

外国人投資家は簡単にカモられやすいという事実は決して忘れないようにしたいものです。

-海外不動産
-,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.