マインド

経営者は海外進出を考えるべき

投稿日:

最近はあるビジネスにかかりっきりで忙しくしています。

 

たまたまご縁があり、ある老舗の日本企業の海外進出に関連した仕事をすることになり、改めて日本の文化と海外の文化のギャップを目の当たりにしています。

それぞれ話を聞くと、日本側と海外側には主張があり、どちらの言い分にも理があるように思えます。しかしお互いにそのギャップを乗り越えなければ、交渉は不成立に終わります。

ただ海外は日本のその製品を欲しがっており、日本側も海外展開をしたいと願っているので、最終的には話がまとまるのでないかと思っています。私はその間に入りながら、交渉と調整に奔走しています。

 

日本では国際化が叫ばれて久しいですが、このように会社の内部を見てみると、依然として旧体制のまま、というか純粋な日本文化の人でビジネスをしている会社が本当に多いのではないかと思います。

日本の経済の先行きを考えると、海外進出をせざるを得ない、あるいは海外には巨大なマーケットが広がっているので、うまく海外進出さえできれば、生き残りをかけるどころが会社の売り上げが倍増するということもよくあるのではないかと思います。

ただこの会社の良いところは純粋の日本企業で、優れた製品を妥協することなく作り上げてきたことにあります。それに加え、経営陣は海外進出に対して積極的な方ばかりで、喜んで変化を受け入れようとする姿勢の方ばかりです。このような姿勢があれば、障害があったとしても、乗り越えて成功を収められるのではないかと思います。

 

海外進出には問題や障害もつきものですが、そこには果てしないマーケットが広がっています。そして日本で磨き上げてきた製品やサービスが海外で非常に重宝されることも珍しくありません。

これまで日本だけで営業してきた中小企業であったとしても、経営者であるならば、最初から無理だとあきらめてしまうのではなく、少しだけでも検討すべきだと思います。

-マインド
-, ,

Copyright© 海外投資でBe Free! , 2018 AllRights Reserved.