アメリカ不動産情報

シカゴ不動産市場は近々、調整局面に入るかも

投稿日:

不動産市場というのはいつの時代もサイクルを繰り返しています。

株式とは違い、データを分析すればこれからどうなっていくのかを読みやすい市場だと言えます。

最近のデータによると、シカゴ不動産市場は調整時期に入りそうな感じになってきました。

全体的に空室率も上昇傾向で、特にダウンタウンのコンドミニアムは供給過多になりつつあります。

少し価格が落ち着いて来れば、格安で不動産を購入するよい時期になるのかもしれません。

以下はデータです。

-アメリカ不動産情報
-,

Copyright© 海外投資でBe Free! , 2018 AllRights Reserved.