アメリカ不動産情報

自分で修理をしてくれるテナント

投稿日:

アメリカの賃貸物件の管理の方は、細かな修理はちょくちょくあるものの、普通に稼働しており、これといってドラマチックなイベントも起こらないため、非常に淡々とキャッシュフローを出しています。

何も起こらないというのは、賃貸経営がうまくいっているということなのでしょう。

 

私の物件の中の一つに、大工さんが住んでいる物件があります。この人は物件が壊れると、自分で直してくれて、かかったお金を家賃で差し引きするという、面白い人です。

修理が必要になると許可を取った後にホームデポで材料を購入し、あとからレシートと作業前と作業後の写真を送ってきます。

こちらが修理後。

多分、いつか私から物件を買い取ろうと思っているのだと思いますが、きれいに直してくれていて、物件の価値が少しずつ上がっていくので、大家としてはいい気分です。

やはり賃貸経営は家賃を回収するのもそうですが、物件の価値を高める仕方で管理できると利益を最大化できます。

 

-アメリカ不動産情報
-, , ,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.