アメリカ不動産情報

アメリカ不動産投資に夢ばかりを求めてはいけない、、、、

投稿日:

問い合わせや面談をしてこられる方の中には、アメリカ不動産と海外移住に大きな夢と希望を抱いている人が比較的多いです。

確かに日本の先行きや特に不動産投資をされている方の場合ですと、先々暗い見通ししかないので、海外に活路を求めようとする気持ちはよくわかります。

しかし、海外投資を長くしてきた経験から言うとすれば、「隣の芝は青く見える」状態で、決して、アメリカで買えばあとはシラブルフリーで儲かると考えるほど、投資は甘いものではありません。

アメリカであっても不動産投資はあくまでも泥臭く、地道で現実的な作業の積み重ねが利益へとつながっていきます。

 

そういう意味では、アメリカの不動産投資はポテンシャルはあるものの、決して初心者向けの投資とは言えません。

物件を買えば、必ずと言っていいほどトラブルにぶち当たります。

家賃をきちんと払ってくれないテナントがいたり、役所からの違反切符の対応、そして地元の管理会社が思ったように動いてくれないことに対する苛立ちといったものを実際に経験することになります。

夢ばかりを見て、投資をすると後から失望することになりかねません。

 

あと海外投資の初心者で英語があまり得意でない方は、特に注意が必要です。

不動産投資というのは、長期にわたって行うものです。

購入後、毎回トラブルや作業が発生するたびに誰かにお願いをしなければならないようでは、満足のいく投資とはなりません。

もし英語が得意でないので、そうした管理にまつわる作業すべてを誰かに丸投げできるだろうとお考えの方は、そもそもアメリカ不動産に投資をすべきでないと思います。自分が管理できない投資というのは、そもそも失敗する確率が高いものだからです。

ですからアメリカで不動産を買うとすれば、あくまでも自己責任で、ほとんどの作業を自分でやるくらいの気概が必要です。最近はインターネット翻訳も精度が上がってきていますので、必要最低限のやり取り位であれば、だれにでも簡単にできる時代になりました。

 

アメリカ不動産には管理のトラブルを伴わない投資法というのはほかにも複数、存在します。不安な方は従来の日本式の不動産投資の概念を捨てて、現実的な手法の可能性について、よく考えてみるべきでしょう。私が初心者にはフリップを時々、勧めるのにはそうした理由があります。

あとはある程度、高い価格帯の不動産を買うというのも、選択肢の一つです。高い不動産であれば、入居する人たちも高収入で、学歴のある人、あるいは日本人の駐在員といったパターンが多く、管理のトラブルもミニマムに抑えられます。

 

それでもアメリカで賃貸経営をしたいという人は、管理をしているとどんなトラブルが起こるのか、近々、書きたいと思います。

-アメリカ不動産情報
-,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.