マネー

税理士のほとんどが言わない法人税の節税法

投稿日:

税理士が言わないのか、それとも知らないのかよくわかりませんが、日本の会社の社長さんたちの中で、節税に困っている人たちが相当数いるようです。

日本国内だけで考えてみると、節税のためにできることには限りがあります。

保険や太陽光を買うことくらいしか、有効な節税法はなく、それも一括償却ができなかったり、結局はただ損をするだけの保険だったりと、なかなか満足がいくものは見つかりません。

税理士は専門はやはり日本の税法なので、海外には疎い人が大半です。少しは聞いたことがあったとしても、やり方が分からないので、クライアントには勧めないのかもしれません。しかし少し工夫するだけで、それなりの収益が出ている会社であれば、海外を絡めることで、法人税を大幅に圧縮できます。

例えば、参考にしてほしいのがアマゾンです。

 

アマゾンの複雑で周到過ぎる節税対策

 

低税率の国に支店や本社を置き、税率が高い国の収益をロイヤリティー名目などで、低税率の国に流し、トータルで節税をするというやり方です。

例えば、現在日本に本社があり、多額の法人税を支払っている会社であれば、低税率の国に本社を移転し、日本法人を支社扱いにし、本社で実際に事業実態を持たせれば、合法的に日本国内での納税義務はなくなります。

税務調査の際に、本社の確定申告を開示しろ、なとどいわれる場合もありますが、国や場所によっては、開示義務がそもそもない場所も多く、当然、日本の税務署もそれを法的に要求することは不可能なばあいも多々、あります。

 

中小企業では、もちろんアマゾンのような複雑な節税法は使えないのかもしれませんが、海外の法人を設立するだけで、かなりの額を合法的に抑えることが可能で、毎年どうやって節税しようか悩む必要すらなくなるわけですから、一校の余地はあるとおもいます。

-マネー
-, , ,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.