マネー

なぜ多くの評論家たちがビットコインを投資ではないというのか?

投稿日:

金融の専門家たちの考えが学べるFinancial Poinerにビットコインに関する記事が出ていました。

なぜ金融界の有名人やプロが仮想通貨やビットコインに否定的なのか、その理由が分析されていました。

ビットコインが投資でない本当のワケ

いろいろと理由はありますが、ビットコインを買う人たちは投資と投機の違いを分かっていないとか、いろいろと書かれていますが、

最後にこのように書かれています。

 

「なぜ「適合性の原則」が重要なのか。
それは、ビットコインの市場が騙すための市場にならないためだ。
そもそも投機が悪いわけではない。
宝くじは悪ではない。
みんなが投機であることを知っているからだ。
ところが、投機であることを知らない人からお金を集めるようになると話は違ってくる。
胴元や投機家が無知な投資家を食い物にする市場は社会悪でしかない。

中国での規制もあって、ビットコイン相場は冷めてきている。
これは、ビットコインが投機の対象でなくなるいい機会かもしれない。
しかし、ここで皮肉な現実が立ちはだかる。
ビットコイン相場が熱狂をやめた時、マイニングは続くのだろうか。」

 

私の周りにも仮想通貨をやっている人たちはいます。しかし彼らはあくまでも、儲ける側の人たちで、一般の普通の人たちは搾取される側ということになるでしょう。

先週も友人から今度、1000倍になるという仮想通貨の情報を聞きました。

ある意味、インサイダーのようなものですが、ある特定の仮想通貨に仕掛け人が絡んでいて、値段を釣り上げるので、一緒に乗らないかという内容でした。

すべてを否定するわけではありませんが、一部のプロ集団 対 何もわからない素人が勝負したらどうなるかは誰でもわかると思います。この記事で書かれているとおり、今の仮想通貨のマーケットは無知な素人を食い物にする市場となっています。

なんとなく儲かりそうだ、という理由だけで大金をつぎ込むと痛い思いをすることになります。

どんな市場でも素人は食い物にされるものですが、仮想通貨の市場はその程度が行き過ぎているように思います。あとは熱が冷めたときに実態が残るのかどうか、そこにも鍵がありそうです。

-マネー
-, , ,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.