アメリカ不動産情報 海外不動産

移民と不動産価格の関係

投稿日:

世界中には移民政策をとっている国はたくさんあります。

アメリカはもちろん移民の国ですが、それ以外でもカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどが有名です。

こうした国々では移民といっても、難民を受け入れるわけではなく、どちらかというとお金がある人たちを受け入れています。

不動産というのはほかの投資と同じで、重要と供給で価格が決まります。

つまりその国に引っ越してくる人が多ければ、不動産は足りなくなり、自然と価格が上がります。

逆に日本のように、移民政策がなく、人口が減少しているのに建て続けているような国だと。不動産価格は必然的に下がります。

 

上記で上げた国のうち、、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは不動産バブルで有名です。不動産価格が上がるのは移民の数と比例しています。

こうした国では不動産価格は上がり続ける、信じている人も多いのですが、実際に上がり続けています。

「不動産バブル」だとか「そろそろ落ちる」と言われ続けて、10年経ってもなかなか落ちないのがこうした国の特徴です。

だから「不動産は上がり続ける」と考える人が多いのも納得です。

いつかは落ちると思いますが、それでも移民が入り続ける限りは、急落するのではなく、少しずつ落ちていくと考えられています。

アメリカもトランプ大統領が移民政策を厳格化するといった時には、不動産価格が落ちると言われましたが、結局、変わりはなさそうですね。

-アメリカ不動産情報, 海外不動産
-, , , ,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.