マネー

資産分散としての海外の銀行口座の必要性

投稿日:

一昔前に香港で銀行口座を開くツアーがかなりはやっていました。

皆さん、お金を払って開いたものの、結局はあまり使わなかったり、その間に口座が凍結されたりして、結局は無駄になってしまったという人が大半ではないかと思います。

そして凍結した口座を使えるようにするために、さらにお金がかかったりといいことはあまりなかったと思います。

その当時は香港に口座があれば、お金を隠せるといった嘘の話もあり、信じた人も多かったのではないかと思います。しかし今となっては資産隠しに使うのはほぼ無理な状況となってきています。

 

とはいえ、今後の資産運用を考える人たちにとって、最低でも使える口座を一つくらいは持っている方が便利だと思います。銀行によっては日本人のスタッフがいるところもあるので、英語ができない人でも安心して使えます。

決して使いやすいとは言えない海外の銀行ですが、なぜ必要かというと以下の理由があります。

 

  1. 日本がデフォルトの際の逃げ道となる。

海外投資の目的の一つは通貨を分散して持つということにあります。日本円だけ、日本国内だけという資産運用は万が一の際にすべてを失う結果にもなりかねません。本当の意味での資産運用を考える人は、最終的には海外を視野に入れなければならず、それには銀行口座が必ず必要になります。

日本の銀行で資産分散のための外貨預金をされている方も多いと思います。しかしそれは本当の意味での分散とはなりません。なぜかというと、国内の外貨預金は預金封鎖の際のペイオフの対象外とされているからです。

 

2. 海外投資の受け皿として使用する。

海外で投資をするには銀行口座が必要になります。不動産を持っていれば、家賃を受け取りや税金等の支払いのために口座が必要になります。日本の金融機関で行うと、換金手数料やその他の手数料でかなり目減りすることになります。

しかし海外の口座を使えばその通貨のまま運用でき、余分な費用を抑えることができます。

 

3. 日本にはない金融商品が買える。

これは銀行にもよりますが、ほとんど儲からない日本の金融商品とは違い、海外にはかなり魅力的な金融商品を取りそろえているところがあります。特に香港の銀行ではそうした商品を多数そろえています。

 

これから本気で海外投資に取り組みたいという方は、まず第一歩として銀行口座のことから考えてみるのはいかがでしょうか?

-マネー
-, , ,

Copyright© 世界で不動産を買おう! , 2017 AllRights Reserved.