マネー

人間やめますか?  残業「月最大100時間」合意に思う

残業時間の上限に関する政府案が示された。

今回の政府案は、
現行の36協定で結ぶ時間外労働の限度時間である
月45時間、年間360時間を法律に明記し、
これを超えた場合は罰則を課す。

さらに特例として労使協定を結べば、
年間の時間外労働時間を1年720時間(月平均60時間)にするという案だ。

これが最長の上限残業時間となる。

時間外労働は計算上、月平均60時間になるのだが、
実は政府案では1カ月の残業時間の上限を設けてない。

しかも、
「業務の繁忙期に対応できない」という経済界の要望を受け、
例外として「月最大100時間」「2カ月の月平均80時間」を
年間720時間の範囲内で認める方向で検討されている。

月80時間の残業ということは、
週20時間。週5日勤務で1日の残業時間は4時間。

9時始業・18時終業(実労働時間8時間)の会社では
毎日夜10時まで残業し、帰宅するのは11時過ぎの生活が2カ月連続することになる。

2ヵ月連続である。
心身がへとへとになってもおかしくない。

悪質な経営者なら、
法定内だからといって、
子育て中の従業員にも60時間の残業をさせようとするかもしれないし、
同じように、“月100時間1回、月80時間2回”までが法定内になれば、
目一杯使おうとする経営者も現れるでしょう。

サラリーマンを続けると、
まともな人間としての生活はもう無理なのかもしれません。

今後、電通みたいな企業が増えるかもしれません。

-マネー
-, , ,

© 2020 アメリカ不動産でBe Rich!